台風15号、関東で9日朝の通勤時間帯に大荒れか

台風15号、関東で9日朝の通勤時間帯に大荒れか

台風15号 あす朝に大荒れも

台風15号、関東で9日朝の通勤時間帯に大荒れか

台風15号、関東で9日朝の通勤時間帯に大荒れかの画像

 強い台風15号は7日、暴風域を伴って小笠原諸島の北の海上を北西へ進んでいる。強い勢力を保って北上し、8日夜から9日にかけて関東地方に接近し、上陸する恐れがある。9日朝の通勤時間帯に大荒れの天気になる可能性があり、気象庁が注意を呼びかけている。

 台風15号は7日午後11時現在、小笠原諸島・父島の北北西約250キロを時速30キロで北西へ進んでいる。中心気圧は960ヘクト・パスカル。中心付近の最大風速は40メートル。

 8日の最大瞬間風速は伊豆諸島で60メートル、関東地方で50メートルなどと見込まれる。9日午後6時までに予想される24時間雨量は東海地方で300〜400ミリ、関東甲信と伊豆諸島で200〜300ミリで、土砂災害や河川の増水への警戒が必要だ。