漫画村の元運営者を再逮捕…キングダム無断掲載

 違法にコピーした漫画を無断で公開していた海賊版サイト「漫画村」(閉鎖)を巡る著作権法違反事件で、福岡県警などは15日、人気漫画「キングダム」を無断掲載したとして、サイト元運営者・星野路実ろみ容疑者(27)を同法違反(公衆送信権の侵害)容疑で再逮捕した。

 発表では、星野容疑者は、画像掲載の指示役として起訴された無職安達亘被告(38)らと共謀し、2017年5月11日頃、集英社(東京)が発行する「キングダム」の第516話の画像ファイルを漫画村のサーバーにアップロードし、不特定多数が閲覧できる状態にして、作者の原泰久氏の著作権を侵害した疑い。「すべて黙秘する」と認否を留保している。

 県警などによると、星野容疑者と安達被告は遅くとも16年12月頃から漫画村の運営を開始。同法違反で起訴されたアルバイト藤崎孝太被告(26)らに報酬を渡し、画像のアップロードを指示していたという。

 漫画村は昨年4月に閉鎖された。星野容疑者は同5月に日本を出国し、今年7月にフィリピン・マニラで入管当局に拘束された。9月24日に強制送還され、県警が同日、人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」を無断掲載したとして星野容疑者を逮捕。福岡地検は10月15日、同法違反で福岡地裁に起訴した。