福知山線の事故車両、JR西が保存へ…社員の安全教育に活用

JR福知山線の事故車両保存へ

 2005年4月に兵庫県尼崎市で起きたJR福知山線脱線事故で、JR西日本は16日、同県伊丹市内のホテルで遺族や負傷者らを対象にした説明会を開いた。事故車両を大阪府吹田市内の社員研修施設で保存して社員の安全教育に活用する方針を提示し、遺族らに理解を求めた。

 事故車両は7両編成で、多くの犠牲者が出た1〜4両目は同県高砂市内に、5〜7両目は大阪市内に保管されている。JR西は、社員研修施設「鉄道安全考動(こうどう)館」を拡張し、全ての事故車両を保存する考えを示した。一般公開する予定はないという。事故現場の追悼施設「祈りの杜(もり)」での車両の保存を求める声などもあるが、将来の検討課題とした。

 この説明に対し、遺族の一人は「社員研修施設で列車の安全に携わる人が見て、事故防止に役立ててもらいたい」と理解を示した。