愛子さま、18歳に…両陛下から教科のアドバイス受けられることも

愛子さま18歳に 充実の日々

 天皇、皇后両陛下の長女、愛子さまが1日、18歳の誕生日を迎えられた。宮内庁によると、両陛下が臨まれた一連の即位関連儀式に関心を寄せ、10月22日の「即位礼正殿(せいでん)の儀」の当日はテレビで行事を見たほか、赤坂御所で両陛下の見送りと出迎えをされたという。

 学習院女子高等科3年の愛子さまは、例年以上に勉学に励む一方、学校行事に積極的に取り組み、充実した日々を送られている。

 9月の運動会では、女子中等科時代から6年間参加してきた「ドリブル競走」で初めて優勝。11月の文化祭では、友人らとおそろいの衣装を着て軽快なダンスを披露された。

 日頃から、両陛下に学校での出来事をよく話し、教科によっては両陛下からアドバイスを受けられることもあるという。テニスの指導を受けるなど、様々な運動もされている。

 代替わりの節目には、上皇ご夫妻が常に国民と共に歩まれたことや、両陛下のこれまでを振り返る報道も熱心にご覧になった。

 東日本大震災の発生日や終戦の日にはお住まいで黙とうされた。