新井浩文被告、求刑通り懲役5年判決…「卑劣で悪質」「不合理な弁解に終始」

新井浩文被告、求刑通り懲役5年判決…「卑劣で悪質」「不合理な弁解に終始」

新井浩文被告

 出張マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして、強制性交罪に問われた韓国籍で元俳優の新井浩文(本名・朴(パク)慶培(キョンベ))被告(40)に対し、東京地裁は2日、求刑通り懲役5年の判決を言い渡した。滝岡俊文裁判長は「性的欲求を優先させた卑劣で悪質な犯行で、厳しい非難に値する」と述べた。弁護側は即日、控訴した。

 判決によると、新井被告は昨年7月1日、東京都世田谷区の自宅マンションで、マッサージ店から派遣された女性従業員の頭を両手でつかむなどの暴行を加え、乱暴した。

 公判で弁護側は、女性の抵抗を困難にするような暴行はしていないとした上で、「女性が強く抵抗しなかったため、性行為に合意していると誤解していた」と無罪を主張した。

 しかし判決は、新井被告が女性から何度も拒絶感を示されたのに乱暴に及んだと認定した。さらに「性的サービスを要求しない」とする店の同意書に新井被告が署名していたことなどから「合意があったと誤解するとは到底考え難い」と判断。その上で「マッサージ中という抵抗しにくい状況に付け入った犯行で、実刑は免れない。不合理な弁解に終始しており、酌量減軽すべきではない」と述べた。

 滝岡裁判長は判決後、「失った信頼を取り戻すのは現実には難しいが、人生は終わっていない。責任に向き合い、信頼を取り戻す努力をしてください」と説諭した。黒のスーツ姿の新井被告は一礼し、退廷時に改めて滝岡裁判長に頭を下げた。

関連記事(外部サイト)