元五輪代表、国母和宏被告の保釈認める決定…東京地裁

國母被告の保釈認める決定

 東京地裁は2日、大麻取締法違反(輸入)と関税法違反で起訴されたスノーボードハーフパイプの元五輪代表、国母(こくぼ)和宏被告(31)の保釈を認める決定をした。保釈保証金は300万円。国母被告は知人らと共謀し、昨年12月、米国から大麻約57グラムの入った国際郵便を発送し、密輸したとして、11月27日に同地裁に起訴された。

関連記事(外部サイト)