羽田で旅客機が着陸中、作業車が滑走路を横切る

羽田で作業車が滑走路横切る

 国土交通省は2日、羽田空港で11月30日、旅客機が着陸のため進入した滑走路を作業車両が横切ったと発表した。けが人はなかったが、事故の恐れがあったとして重大インシデントに認定した。

 国交省によると、11月30日午前1時頃、ソウル発羽田行きのピーチ・アビエーション808便が羽田空港のA滑走路(長さ3000メートル、幅60メートル)に着陸中、空港の作業車両が滑走路の北端付近を横断した。車両は管制官から横断許可を受けていなかったという。

関連記事(外部サイト)