こがずに走れる電動自転車「モペット」でひき逃げ、逮捕

こがずに走れる電動自転車「モペット」でひき逃げ、逮捕

男が乗っていた電動自転車(2日、大阪府警南署で)

 ペダルをこがずに走行可能な「モペット」と呼ばれる電動自転車を運転中、男性に衝突し、重傷を負わせて逃げたとして、大阪府警は2日、大阪市鶴見区、調理師の男(26)を、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。容疑を認めているという。

 発表では、男は11月10日正午頃、同市中央区の府道を通勤のため電動自転車で走行中、横断していた同区の男性(56)に衝突し、右足首を骨折する全治2か月の重傷を負わせ、逃走した疑い。

 モペットは、ハンドル部分のスロットルをひねって、モーターを動かして走る。電動アシスト自転車と異なり、道交法で原動機付き自転車に分類される。

 公道を走る際には、免許を所持し、ナンバーや方向指示器を付ける必要があるが、男は付けておらず、「公道を走れないのを知っていたので、怖くなって逃げた」と供述している。府警は道交法違反(整備不良)容疑でも調べる。

 モペットはインターネット通販などで購入可能だが、違法走行が各地で相次いでおり、府警は取り締まりを強化している。

関連記事(外部サイト)