過労で脳内出血の男性、解決金5400万円で和解…業務委託元が異例の支払い

 月200時間超の時間外労働を強いられ、過労による脳内出血で両手足に障害を負ったとして、大阪府内のシステムエンジニアの男性(60)が勤務先と業務委託元の計3社に慰謝料など約1億5700万円の損害賠償を求めた訴訟が大阪地裁であり、3社が解決金計5400万円を支払う条件で和解した。11月25日付。直接雇用関係のない業務委託元が高額の金銭を支払うのは異例とみられる。

 解決金は勤務先が300万円、委託元2社が各2550万円。3社は勤務先のシステム会社「インター・ラボ」(大阪)と委託元の「HTKエンジニアリング」(神奈川)、「セル」(東京)。

 訴状によると、男性は2015年10月からインター社で勤務。HTK社、セルなど5社を経由してインター社に業務委託されたシステム開発を担い、16年1月、大阪府門真市内の仕事場で脳内出血を発症した。手足はまひし、意思疎通も困難になり、身体障害者1級と認定された。

 男性側は、終業が午前4時になり、冬場に暖房が切れた職場で寝泊まりする日もあったと主張。脳内出血の発症前1か月間は休日が3日しかなく、時間外労働は203時間だったと訴えていた。3社は「コメントできない」などとしている。

関連記事(外部サイト)