両陛下、昭和・大正天皇の陵で「親謁の儀」

両陛下、昭和・大正天皇の陵で「親謁の儀」

武蔵野陵に拝礼された天皇陛下(3日午前、東京都八王子市で)=松田賢一撮影

 天皇、皇后両陛下は3日午前、東京都八王子市の武蔵陵墓地を訪れ、昭和天皇と、大正天皇の陵に即位の礼と大嘗祭(だいじょうさい)の終了を報告する「親謁(しんえつ)の儀」に臨まれた。

 両陛下の車列は午前10時頃、墓地総門前に到着。陛下はモーニング姿、皇后さまはグレーの参拝服姿で、昭和天皇が眠る武蔵野陵(むさしののみささぎ)、大正天皇が眠る多摩陵(たまのみささぎ)にそれぞれ玉串をささげて拝礼された。

 歴代天皇陵での親謁の儀はこれで終わり、両陛下は4日、皇居・宮中三殿で、「賢所御神楽(かしこどころみかぐら)の儀」などの儀式に臨み、5月から始まった一連の即位関連儀式を全て終えられる。