スノボ元五輪代表・国母被告が保釈…弁護人が保釈金300万円納付

 大麻取締法違反(輸入)と関税法違反で起訴されたスノーボード・ハーフパイプの元五輪代表、国母和宏被告(31)が3日夕、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された。東京地裁が2日に保釈を認め、国母被告の弁護人が3日に保釈保証金300万円を納付した。

関連記事(外部サイト)