新幹線殺傷、被告人質問で「刑務所は子供の頃からの夢」「死刑になるので2人まで」

 神奈川県を走行中の東海道新幹線で昨年6月に起きた殺傷事件で、乗客1人に対する殺人、2人への殺人未遂罪などに問われた住所不定、無職小島一朗被告(23)の裁判員裁判の第2回公判が3日、横浜地裁小田原支部(佐脇有紀裁判長)で開かれた。小島被告は被告人質問で、刑務所に入るのは「子供の頃からの夢」と答え、「3人を殺したら死刑になるので2人までにしようと思った」と話した。

 この日は弁護側が質問。小島被告は新幹線を殺害場所に選んだのは「ひらめいたから」とし、「2人席の通路側に座れば、確実に窓側の1人は殺せると思った」と説明した。停車駅間の時間が長い新横浜(横浜市)―名古屋駅(名古屋市)の間で殺害しようと計画したとも明かし、「ナタを上から振り下ろした方が力が入る」と、ナタが入ったカバンを足元から荷物棚に移動させたという。

 窓側の女性を襲撃中に男性客(当時38歳)に制止された際には、「ナタを持った手で振り払った」とし、「(男性が)倒れたので、馬乗りになって首を集中的にやった」と殺害の状況を話した。刑務所に入るため中学生の時に包丁で家族を威嚇するなどした経緯も語った。

関連記事(外部サイト)