前方に損傷ある車に乗った女に職務質問、女児2人のひき逃げ発覚

 金沢市で11月29日に小学生2人が軽傷を負ったひき逃げ事件で、石川県警金沢西署は3日、同市西泉、無職の女(60)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕したと発表した。

 発表によると、女は11月29日午後3時50分頃、同市新保本の市道交差点で軽乗用車を運転中、青信号で横断歩道を渡っていた同市立小学校3年の女児2人と接触して軽傷を負わせ、そのまま逃げた疑い。

 事件発生時と同じ時間帯に現場で検問を行っていた署員が、左前方に損傷のある車に乗った女を見つけ、職務質問をして容疑が浮上した。同署の調べに対し、女は「(事件発生日時に現場を)確かに通ったが、ぶつかってはいない」と話しているという。

関連記事(外部サイト)