アフガン支援の日本人医師、胸・腹を撃たれ集中治療室へ

中村医師銃撃 命に別条なし

 アフガニスタンを支援している民間活動団体(NGO)ペシャワール会(事務局・福岡市)に入った情報によると、アフガン時間の4日午前、現地で活動をしている医師の中村哲代表(73)が、車で移動中で何者かに銃撃され、負傷した。ペシャワール会によると、中村さんは胸と腹を撃たれ、現在、病院の集中治療室で手当を受けているが、命に別条はないという。

関連記事(外部サイト)