ハイヤーに乗り上げた「はとバス」分離帯乗り越え街路灯に衝突…新宿の交差点

 4日午後6時35分頃、東京都新宿区西新宿の都道交差点で、バスツアー大手「はとバス」の観光バスが停車中のハイヤーに乗り上げた上、中央分離帯を乗り越え、街路灯に衝突した。

 現場は、東京都庁近くの片側4車線の直線道路。警視庁新宿署によると、バスの下敷きになった50歳代のハイヤー運転手の男性が全身を強く打って死亡した。いずれも乗客はなく、他にけが人はなかった。

 新宿署は同日、バスを運転していた大田区の運転手(37)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕。今後、同致死に切り替えて調べる方針という。運転手にけがはないとみられるが、検査入院をするため、いったん釈放した。

関連記事(外部サイト)