教職員1600人「ハラスメントある」…神戸教諭いじめ発覚後に調査

 神戸市立東須磨小学校の教諭4人によるいじめ問題で、市教育委員会は10日、市立の学校や園の全教職員を対象にしたハラスメント調査の結果を明らかにした。約1600人が「何らかのハラスメントがある(あった)」と回答した。

 市教委によると、調査は東須磨小の問題発覚後の昨年10月15〜29日に実施。ほぼ全員(約1万2000人)から回答を得た。

 市教委は今後、ハラスメント問題などに詳しい3人の弁護士の助言を受けながら、関係者の聞き取りをし、事実関係を確認する。

関連記事(外部サイト)