60歳になった拉致被害者・有本さん、姉が思い語る…「一刻も早く帰国し幸せな人生を」

60歳になった拉致被害者・有本さん、姉が思い語る…「一刻も早く帰国し幸せな人生を」

有本恵子さんの写真を手に思いを語る尚子さん(左)と明弘さん(12日、神戸市長田区で)

 1983年に欧州で消息を絶った拉致被害者の有本恵子さん(当時23歳)が12日、60歳の誕生日を迎えた。神戸市長田区の自宅では、姉の尚子さん(61)が報道陣の取材に初めて応じ、「一刻も早く帰国して日本で幸せな人生を送ってほしい」と思いを語った。今後は両親を支えながら、もう1人の姉の昌子さん(63)と一緒に拉致問題の解決に向けた運動に参加する。

 神戸市外国語大の学生だった恵子さんは、英国に留学していた83年7月頃、北朝鮮に拉致された。父の明弘さん(91)と母の嘉代子さん(94)は30年以上にわたり、恵子さんの救出を求めて運動を続けてきたが、嘉代子さんは持病の不整脈が悪化し、今月3日から入院している。

 恵子さんが還暦を迎えるのを機に、尚子さんも「高齢になった両親のためにも妹を取り返したい」と運動に携わることを決めた。

 この日は、自宅で恵子さんの誕生日会が開かれ、恵子さんが好きだったイチゴ入りのフルーツケーキやハンバーグなどが食卓に並んだ。明弘さんは「安倍首相が訪朝し、必ず被害者を帰国させるように話をつけてくれるはずだ」と語った。

関連記事(外部サイト)