准教授刺した学生、数日前から「単位もらえなければ刺そうと」

名城大刺傷 数日前から計画

 名古屋市天白区の名城大学で理工学部の男性准教授(40)が学生にはさみで刺された事件で、殺人未遂容疑で逮捕された同学部3年野原康佑容疑者(22)が「数日前から、単位がもらえなければ刺そうと思っていた」と供述していることが、捜査関係者への取材でわかった。愛知県警は12日、野原容疑者を同容疑で名古屋地検に送検した。

 野原容疑者は10日夕、同大の研究室で男性准教授の首や胸をはさみで複数回突き刺し、殺害しようとした疑いで現行犯逮捕された。

 捜査関係者によると、野原容疑者は期限までにリポートを提出できず、調べに対し、「先生に『(単位を)あげられない』と言われ頭にきた」などと供述。凶器のはさみは自宅にあったもので、事件当日、衣服に隠して研究室に持ち込んだとみられる。

 事件当時、騒ぎに気づいた学生らがドア越しに研究室の中を見ると、野原容疑者が准教授に馬乗りになっていたという。学校関係者が止めに入ったが、この時、内側から施錠されていたとの情報もあり、県警が当時の状況を調べている。

関連記事(外部サイト)