【独自】武田信玄から織田信長への感謝状発見「お味方くださること、頼もしく」

【独自】武田信玄から織田信長への感謝状発見「お味方くださること、頼もしく」

信長への信玄の感謝状発見

【独自】武田信玄から織田信長への感謝状発見「お味方くださること、頼もしく」

(写真:読売新聞)

 上杉謙信との戦いに備える武田信玄(1521〜73年)からの、織田信長(1534〜82年)宛て書状が見つかった。信長の協力姿勢への謝意を伝える内容だ。書式などから信長が権力を確立した後、1570年頃に書かれたものとみられる。信玄から信長に宛てた文書の原本は希少で、戦国時代の両雄の関係をたどる上でも貴重だ。

■謙信との対決を念頭に

 書状は墨書。現在は掛け軸になっている。戦国期の史料を集める一般財団法人「太陽コレクション」が2019年、書画骨董(こっとう)を扱う業者を通じて購入。武田氏研究が専門の丸島和洋・東京都市大准教授と、信長に詳しい金子拓・東京大史料編纂(へんさん)所准教授が、信玄の花押や内容から信玄の書状と確認した。筆跡も信玄の右筆(ゆうひつ)(秘書役)と類似している。

 信長からの手紙に返答する形で書かれており、「お気遣いをいただき、どのようにお礼してよいか分かりません」と信玄は切り出す。その上で「越後(上杉氏)と甲斐(武田氏)が戦争になったら、何をおいても(信玄に)お味方くださるとのこと、頼もしく存じます」と謝意を伝えている。

 日付は「七月十四日」。宛名には、敬意を示す「謹上」の言葉を添えて、「弾正忠殿(だんじょうのじょうどの)」と信長の通称のみを記す。名字を省くのは、室町幕府高官宛ての書状にも見られる丁重な書式で、丸島准教授は、信長が足利義昭を将軍に奉じて上洛(じょうらく)し、権力を確立した永禄11年(1568年)10月以降の書状とみる。川中島合戦後、いったん和睦した信玄と謙信は、元亀元年(1570年)10月に停戦を破棄していることから、両者の緊張が高まった同年7月に書かれた可能性が高いという。

 丸島准教授は「信長が武田寄りの姿勢を示したことで、信玄が安堵(あんど)した様子が分かる。信玄、信長、謙信の3者の関係で新たな知見を提供する史料だ」と話す。金子准教授は「信玄の信長宛ての書状は後世の写しが数点あるが、原本の発見は貴重だ。後に信玄と信長は対立するが、信長の上洛後数年は、信玄が信長の力を頼りにしたことを示しており興味深い」と評価している。

 書状は、今年3月に開館予定の太陽コレクションの展示施設「泰巖(たいがん)歴史美術館」(東京都町田市)で公開される。

関連記事(外部サイト)