[深層NEWS]IR汚職「特捜部の存在意義は事件化できるかどうか」…若狭氏

 元東京地検特捜部副部長の若狭勝氏や国際カジノ研究所所長の木曽崇氏らが13日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、カジノを中核とした日本の統合型リゾート(IR)事業を巡る汚職事件について議論を交わした。

 若狭氏は今回の事件について、「特捜部の存在意義は国会議員の収賄を事件化できるかどうかだ」と指摘。一方、木曽氏は、贈賄容疑で摘発された中国企業側から沖縄を地盤とする下地幹郎衆院議員側が現金100万円を受け取っていたことについて「(IR誘致の)旗振りをしている有力な議員だったので、(中国企業が)影響力に期待したのではないか」と語った。

関連記事(外部サイト)