寝たきり患者に排せつ物付ける、介護ヘルパーの男を逮捕

患者に排泄物つける 男逮捕

 入院患者に自分の排せつ物を付けたとして、警視庁上野署は13日、東京都足立区内の介護ヘルパーの男(32)を偽計業務妨害容疑で逮捕したと発表した。逮捕は11日。

 上野署幹部によると、男は昨年12月17〜19日、勤務する台東区の病院で、寝たきりで入院する70〜80歳代の男女3人の着衣に自分の排せつ物を付け、職員の巡回を強化させるなど病院業務を妨害した疑い。調べに対し、容疑を認めている。

関連記事(外部サイト)