「中国人は採用しない」と投稿、東大特任准教授を懲戒解雇

 東京大は15日、自身の経営する会社で「中国人は採用しない」などとツイッターに書き込んでいた大沢昇平特任准教授(32)を同日付で懲戒解雇処分にしたと発表した。

 大沢特任准教授は大学院の情報学環・学際情報学府に所属する一方、AI(人工知能)開発会社を経営し、ツイッターの自己紹介欄に東大の教員だと記載したうえで書き込みを行っていた。東大は、大沢特任准教授が昨年11月20日以降、国籍や民族を理由とする差別的な内容を投稿しただけでなく、情報学環の一部が反日勢力に支配されているかのような投稿を行ったなどと認定。大学の名誉や信用を著しく傷つける就業規則違反にあたると判断した。

関連記事(外部サイト)