東名で逆走車、高速隊が停車させる…渋滞も発生

 15日午前4時40分頃、静岡市駿河区の東名高速道路下り線の日本平パーキングエリア付近で、「逆走している車がある」と110番があった。静岡県警高速隊などが、約7キロ離れた清水インターチェンジ(IC)付近で逆走していた乗用車を発見し、停車させた。けが人はなかった。

 高速隊の発表によると、運転していたのは、70歳代後半の男性。同隊が逆走の原因を調べている。この影響で、下り線は清水IC付近で約1キロの渋滞が発生した。

関連記事(外部サイト)