桜開花予想、最速は東京都心の3月21日…九州南部は平年より遅め

桜開花 都心は3月21日と予想

 気象情報会社「ウェザーニューズ」(千葉市)は15日、今春の(ソメイヨシノ)の開花予想を発表した。ほぼ全国的に平年並みで、東京都心は全国で最も早い3月21日になる見通し。九州南部は暖冬の影響で、桜の花芽が冬場の寒さに刺激されて成長が促される「休眠打破」が遅れ、平年よりもやや遅くなる見込み。

 各地の開花時期は、福岡と名古屋が3月22日、広島23日、高知24日、大阪と静岡が26日、金沢31日、仙台4月4日、青森18日、札幌24日などと予想されている。

関連記事(外部サイト)