スバル、インプレッサなどリコール…エアバッグ異常破裂の恐れ

インプレッサなどリコール

 タカタ製の欠陥エアバッグ問題で、SUBARU(スバル)は16日、「インプレッサ」と「レガシィ」の2車種計1万2829台(2003年4月〜07年4月製造)のリコールを国土交通省へ届け出た。助手席のエアバッグが異常破裂する恐れがある。問い合わせは、0120・052・215。

関連記事(外部サイト)