DL違法化対象の限定条件、両論併記に…海賊版対策検討会が議論まとめ

 インターネットを通じ、海賊版と知りながら漫画をダウンロード(DL)する行為などを違法化する著作権法の改正案を巡り、文化庁は16日、有識者や漫画家らによる検討会での議論の「まとめ」を公表した。委員間で意見が分かれていた、違法化の対象を「著作権者の利益を不当に害する場合に限定すること」については、賛成と反対の両論併記となった。

 スマートフォンなどでの画像保存(スクリーンショット)で違法画像が写り込んだ場合や数十ページにわたる漫画のうちの数コマをDLした場合などは違法としないこと、二次創作作品を違法化の対象から外す方針は全会一致で了承された。

関連記事(外部サイト)