関東各地で今年初の夏日、青梅は7月上旬並み27・1度

関東27.1度など今年初の夏日

 22日は全国的に気温が上がり、今年の最高気温を更新するところが相次いだ。

 特に関東では春を通り越して夏のような陽気になった所も多く、各地で今年初めて夏日となった。

沖縄県を除きこの日最も気温が高くなったのは、東京都青梅市で7月上旬並みの27・1度を記録した。そのほか、東京都八王子市で26・2度、埼玉県秩父市で26・7度、寄居町で26・6度、久喜市で25・6度、所沢市で25・4度、茨城県古河市で25・6度、筑西市で25・5度、栃木県佐野市で25・4度、群馬県高崎市で25・2度、伊勢崎市で25・9度など。

 沖縄県うるま市や愛媛県新居浜市では3月として観測史上最高気温を更新した。

関連記事(外部サイト)