藤井七段、王位戦リーグで勝利…3年連続の勝率8割以上の快挙

 将棋の藤井聡太七段(17)は24日、大阪市の関西将棋会館で行われた王位戦挑戦者決定リーグで、稲葉陽(あきら)八段(31)に129手で勝ち、同リーグ3連勝とした。

 藤井七段の今年度の公式戦通算成績は52勝12敗(未放送のテレビ対局含む)で勝率8割1分3厘となり、3年連続の勝率8割以上が確定した。日本将棋連盟によると、1974年の将棋大賞制定以降では初の快挙だという。

 藤井七段は「1局1局全力を尽くし、結果が残せてよかった」と話した。

関連記事(外部サイト)