千島列島沖でM7・8、若干海面変動も被害の心配なし

 25日午前11時49分頃、千島列島沖の北西太平洋を震源とする地震があり、北海道や東北、関東などで震度1の揺れを観測した。気象庁によると、地震の規模を示すマグニチュードは7・8と推定される。同庁は、この地震の影響で日本の太平洋側の沿岸部で若干の海面変動の可能性があるが、被害の心配はないとしている。

関連記事(外部サイト)