劇作家テレンス・マクナリー氏、新型コロナ合併症で死去…81歳

 【ニューヨーク=橋本潤也】AP通信によると、米国の著名な劇作家のテレンス・マクナリー氏が24日、米南部フロリダ州の病院で、新型コロナウイルス感染に伴う合併症で死去した。81歳だった。肺がんを克服した後、慢性的な肺疾患に苦しんでいたという。

 フロリダ州生まれ。現在、東京で上演されているミュージカル「アナスタシア」をはじめ、同「ラグタイム」「蜘蛛女のキス」、せりふ劇「マスター・クラス」「マザーズ・アンド・サンズ」などを手がけ、米演劇界で権威あるトニー賞を4回受賞した。同性愛者であることを公表し、同性愛やエイズなどを題材に、人間関係の機微を描く作品を数多く残した。

関連記事(外部サイト)