日本でも公演、ギニアの音楽家モリ・カンテ氏が死去

音楽家モリ・カンテ氏が死去

 【ヨハネスブルク=深沢亮爾】AFP通信などによると、西アフリカ・ギニア出身でアフリカを代表する音楽家モリ・カンテ氏が22日、ギニアの首都コナクリで死去した。70歳だった。

 西アフリカの伝統音楽に根ざし、1987年に発表した代表曲「イェケイェケ」が世界的にヒット。セネガルのユッスー・ンドゥール氏、マリのサリフ・ケイタ氏らとともに80年代の「ワールドミュージック」人気を支えた。日本でも公演を行った。

関連記事(外部サイト)