陸自の「富士総合火力演習」、規模を縮小し実施…一般公開は中止

 陸上自衛隊の最大規模の実弾射撃演習「富士総合火力演習」の教育演習が23日、静岡県の東富士演習場で行われた。今年は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で一般公開が中止となった。

 一般公開が中止されるのは1979年以来、2度目。演習は規模を縮小して実施され、動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信された。

 教育演習に参加した部隊は、昨年より約800人減少。静岡県富士地区の部隊を中心とした約1800人、戦車・装甲車約30両で実施した。演習では、陸自が所有する戦車や火砲などによる実弾射撃が行われた。

関連記事(外部サイト)