東京、経路不明者が3分の2…クラスター発生の福岡市のナイトクラブでは新たに10人

東京、経路不明者が3分の2…クラスター発生の福岡市のナイトクラブでは新たに10人

都の感染者3分の2が経路不明

東京、経路不明者が3分の2…クラスター発生の福岡市のナイトクラブでは新たに10人

(写真:読売新聞)

 国内の新型コロナウイルスの1日当たりの感染者が過去最多の1260人となった29日、これまで唯一ゼロだった岩手県を含め、37都道府県と空港検疫で感染者が確認された。死者は東京、埼玉、神奈川、大阪で計4人だった。

 都内では、新たに250人が確認され、80歳代の女性の死亡が判明した。都によると、20〜30歳代の若年層が160人と約6割を占め、40〜50歳代が約2割だった。感染経路が把握できない人は162人で、全体の3分の2に迫っている。

 過去最多の221人の感染が明らかになった大阪府では、10〜30歳代の若者が145人で全体の66%に上った。感染経路不明者の割合は74%だった。吉村洋文知事は記者団に、「若い人が中心で、この世代に行動を変えてもらわないと、市中感染の拡大を抑えるのは難しい」と話した。

 福岡県は過去最多を更新する101人の感染者を確認。クラスター(感染集団)が発生した福岡市のナイトクラブで新たに10人の感染が確認され、計43人となった。同市はこの日、25日に感染者として発表した1人が、検査の結果、陰性だったことも明らかにした。

関連記事(外部サイト)