BSとAMラジオ削減、NHK経営計画案を発表…事業規模500億円抑制へ

BSとAMラジオ削減、NHK経営計画案を発表…事業規模500億円抑制へ

NHK放送センター(4日、東京都渋谷区で)

 NHKは4日、衛星放送とAMラジオ放送のチャンネル数の削減方針などを盛り込んだ次期経営計画案(2021〜23年度)を発表した。民間からの「肥大化」批判を受け、業務をスリム化し、事業規模(予算)を、20年度の7354億円から23年度には6850億円に、約500億円抑制する方針を示した。

 計画案は同日のNHK経営委員会で了承された。記者会見した前田晃伸(てるのぶ)会長は「改革をスピードアップし、NHKを本気で変えるという覚悟を示した。スリムで強靱(きょうじん)なNHKに生まれ変わらせたい」と述べた。ただ、業務改革に切り込んだものの、受信料体系の見直しや子会社など組織統治に関する具体策は先送りした。

 計画案では、4チャンネルある衛星放送のうち、ハイビジョン(2K)画質の「BS1」と「BSプレミアム」を一つにしたうえで、高精細画質の「BS4K」も合わせて「1波への整理・削減に向けて検討を進める」と明記した。AMのラジオ第1と第2、FM放送の3チャンネルも、AMとFMの一つずつにする。計画期間内に実施時期などの具体案を示す。

 また、内容が似た番組を整理するほか、受信契約にかかる経費も減らし、事業支出は3か年で計約630億円の削減を図る。

 受信料については、今後の減収見通しを踏まえ「現行の料額を維持する」とした。一方で受信料制度の抜本的な見直しに着手する。前田会長は、地上放送と衛星放送の2本立てである契約体系を一本化し、割安な料金にする「総合受信料」も検討の一つに挙げた。

関連記事(外部サイト)