宮内庁職員が陽性、皇室との接触なし…国内で新たに269人感染

宮内庁職員が陽性、皇室との接触なし…国内で新たに269人感染

宮内庁1人陽性 皇室接触なし

宮内庁職員が陽性、皇室との接触なし…国内で新たに269人感染

(写真:読売新聞)

 14日に国内で確認された新型コロナウイルスの感染者数は269人で、今月7日以来、1週間ぶりに300人を下回った。また、東京都や神奈川県などで計8人の死者が判明した。

 この日、都内で新たに確認された感染者数は80人。都によると、このうち35人の感染経路が判明していない。直近1週間の平均陽性率は3・7%だった。都内の1日当たりの感染者数が100人を切るのは今月7日(77人)以来だが、土日を挟んだ後の月曜は報告数が少なくなる傾向がある。

 都内では、既に感染が判明していた70〜80歳代の男性2人の死亡も公表された。このうち70歳代の男性が亡くなったのは、2か月近く前の7月17日で、都の担当者は公表の遅れについて「男性は都外に在住しており、医療機関から保健所への報告が遅れた可能性がある」と説明した。

 このほか、宮内庁は14日、管理部の40歳代の男性職員が12日に陽性判定を受けたことを明らかにした。皇室の方々との接触はなく、濃厚接触者となる職員も確認されていないという。

関連記事(外部サイト)