山中で採ったツキヨタケ、ラーメンに入れて食べた女性が吐き気・嘔吐

山で採った毒キノコで食中毒

 青森県は16日、70歳代の女性が、山中で採った毒キノコを誤って食べて食中毒になったと発表した。毒キノコによる食中毒は県内では1年ぶりで今シーズン初めて。

 発表によると、女性は12日、新郷村の山中で毒のある「ツキヨタケ」を採り、14日にラーメンに入れて食べた。吐き気や嘔吐(おうと)などの症状があり、医療機関を受診した。ツキヨタケはかさが10〜20センチ程度でシイタケなどと間違えやすい。県保健衛生課が注意を呼びかけている。

関連記事(外部サイト)