米倉涼子さん「故郷横浜での開催うれしい」…12月のフランス映画祭盛り上げる

 日本初公開の新作フランス映画などを紹介する「フランス映画祭2020 横浜」が12月10〜13日、みなとみらい地区(横浜市中区、西区)で開かれるアヌシー国際アニメーション映画祭でグランプリを受賞した「FUNAN フナン」など、コメディーからドキュメンタリーまで幅広い10作品が上映される予定だ。

 1993年に横浜で初開催され、今年で28回目となる恒例の映画祭。フランス大使公邸(東京都港区)で15日に開かれた記者会見では、「フェスティバル・ミューズ」に就任した女優の米倉涼子さんが「私の故郷である横浜で開催されて本当にうれしい。コロナ禍でゲストが来日できない分、映画祭と横浜を盛り上げていきたい」と語り、来場を呼びかけた。

 チケットは11月中旬に発売され、車の中で映画を楽しむ「ドライブ・インシアター」の実施も計画されている。

関連記事(外部サイト)