高校生男女、倒れた女性発見・交番まで付き添う…署長「素晴らしい勇気」

 帰宅困難となった高齢者の保護に貢献したとして、茨城県警牛久署は16日、阿見町の高校3年吉成隼(じゅん)さん(18)と高校1年藤原あゆむさん(15)に感謝状を贈った。

 9月8日午後10時頃、阿見町中央の路上で倒れた女性(88)を、ランニング中の吉成さんが見つけ、塾帰りに自転車で通りかかった藤原さんとともに最寄りの阿見地区交番まで約1キロ付き添った。女性にけがはなかった。

 小川寛之署長から感謝状を受け取った2人は「女性を無事送り届けることができてよかった」「これからも困っている人がいたら助けたい」と話し、小川署長は「とっさの判断で声をかけてくれた勇気は素晴らしい」とたたえた。

関連記事(外部サイト)