赤や黄色あざやかに、夜陰に浮かぶ紅葉…京都・東福寺

赤や黄色あざやかに、夜陰に浮かぶ紅葉…京都・東福寺

ライトアップされ境内に浮かび上がった紅葉(18日夜、京都市東山区で)=土屋功撮影

 紅葉の名所で知られる東福寺(京都市東山区)で18日、夜間拝観のライトアップが始まり、赤や黄に色づいた約2000本の木々や緑のコケに覆われた庭が鮮やかに浮かび上がった。30日まで。

 昨年まで秋の夜間拝観の対象は、旅行会社のツアー参加者に限定されていたが、新型コロナウイルスで減った客足を取り戻すため、今年は一般公開に切り替えた。

 予約制で午後5〜8時。拝観料3000円。新型コロナウイルス対策で混雑を避けるため、1日の定員を600〜900人に絞る。問い合わせは、ライトアップの事務局(075・284・0176)。

関連記事(外部サイト)