今は間に合わないが…「春にワクチン生産が軌道乗る」WHO担当者

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】世界保健機関(WHO)で新型コロナウイルスなどの緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は18日、「多くの国がワクチンなしで今の感染の波に対応することになる」と述べ、当面の感染拡大への対応にはワクチンは間に合わないと警鐘を鳴らした。インターネット上での一般市民との質疑応答で語った。

 ライアン氏は「今はワクチンなしでこの山を登らなければならないことを認識する必要がある」とも語り、社会的距離の確保などの感染予防策を継続するよう訴えた。その上で、「春になればワクチン生産が軌道に乗り、私たちは大きな道具を手にすることになる」と語り、春以降のワクチン普及へ期待感を示した。

関連記事(外部サイト)