お嫁に行きます…スマトラトラ、横浜・野毛山から上野動物園へ

 上野動物園(東京都台東区)は24日から、野毛山動物園(横浜市)で飼育されている雌のスマトラトラ「ミンピ」(6歳)を、繁殖のために受け入れる。

 国内の動物園では、繁殖のためにお互いに動物を移動させる取り組みを行っており、今回もその一環。上野動物園にはスマトラトラが雄1頭、雌2頭いるが、野毛山動物園にはミンピ1頭しかいなかったことなどから移動が決まった。

 スマトラトラは、インドネシアのスマトラ島にだけ推定400頭ほどが生息する希少動物。国内の動物園では10月24日現在で18頭が飼育されている。

 上野動物園の担当者は「ミンピの健康状態や新しい環境への慣れ具合を考慮し、一般への公開日を決めたい」と話している。

関連記事(外部サイト)