北陸は大雪のピーク過ぎる…除雪作業中の事故など注意

新潟で除雪困難な積雪の恐れ

 新潟地方気象台の11日午後2時過ぎの発表によると、北陸地方の大雪はピークを過ぎた。一方、新潟県については、夕方にかけ大雪による交通障害に注意するよう呼び掛けている。北陸地方では積雪が多くなっており、除雪作業中の事故や屋根からの落雪、なだれなどへの注意も必要としている。

 12日正午までに予想される新潟県内の24時間降雪量は、いずれも多いところで以下の通り。

 上越 平地  25センチ

    山沿い 25センチ

 中越 平地  15センチ

    山沿い 20センチ

 下越 平地  10センチ

    山沿い 15センチ

 佐渡      5センチ

 午後1時現在の主な地点の24時間降雪量と積雪の深さ(地域気象観測システム=アメダス=による速報値)は以下の通り。

▼新潟県

 妙高市関山 36センチ・211センチ

 関川村下関 40センチ・161センチ

▼石川県

 加賀市菅谷 18センチ・127センチ

▼富山県

 朝日町   16センチ・112センチ

 富山市秋ヶ島16センチ・100センチ

▼福井県

 大野市九頭竜 11センチ・169センチ

関連記事(外部サイト)