退社日に「5G」情報持ち出し、ソフトバンク元社員を逮捕…楽天モバイルを提訴へ

退社日に「5G」情報持ち出し、ソフトバンク元社員を逮捕…楽天モバイルを提訴へ

情報持ち出しSB元社員を逮捕

退社日に「5G」情報持ち出し、ソフトバンク元社員を逮捕…楽天モバイルを提訴へ

警視庁の捜査員に連れられて自宅を出る合場容疑者(12日午前8時25分、横浜市鶴見区で)=伊藤紘二撮影

 携帯電話大手「ソフトバンク」の高速・大容量通信規格「5G」に関する営業秘密の不正持ち出し事件で、警視庁は12日、同社の元技術者で競合他社の「楽天モバイル」に転職した合場邦章容疑者(45)(横浜市鶴見区仲通)を不正競争防止法違反(営業秘密領得)容疑で逮捕した。今後、流出した情報の使い道や詳しい動機を調べる。

 ソフトバンクは12日、流出したとされる技術情報について、「楽天モバイルが既に何らかの形で利用している可能性が高い」として、今後、楽天モバイルを相手取り、営業秘密の利用停止と廃棄などを求める民事訴訟を起こす方針を明らかにした。

 警視庁の発表などによると、合場容疑者はソフトバンクに勤務していた2019年12月31日、社外の私有パソコンから同社が管理するサーバーに接続。営業秘密に当たる5Gの技術情報ファイルをメールに添付して自分宛てに送信し、ソフトバンクの営業秘密を不正に持ち出した疑い。

 合場容疑者は通信設備の運用などを担う「伝送エンジニア」で、携帯電話のネットワーク構築に関わる業務に従事。情報を持ち出したとされる19年12月31日付で同社を退社し、翌日の20年1月1日に楽天モバイルに入社していた。

 合場容疑者のメールの送信記録などから、警視庁は、転職前に複数のファイルを外部に送信していたとみて裏付けを進めている。

 ソフトバンクによると、持ち出されたのは、現行の主流規格「4G」と5Gの基地局設備や、基地局と交換機を結ぶ固定通信網に関する技術情報だった。退職2か月後の20年2月に流出が判明し、同社が警視庁に相談していた。

 楽天モバイルは「現時点で詳細は差し控える。警察による捜査に全面的に協力する」としている。

 5Gは、4Gに続く「第5世代」を意味する通信規格。高速で大量の情報を送受信できるのが特長で、2時間の映画が3秒程度でダウンロード可能。韓国のサムスン電子や中国の華為技術(ファーウェイ)など、世界各国の通信業界で競争が過熱している。

 企業の営業秘密が不正に持ち出される事件は過去にも相次いでいる。昨年10月には、「積水化学工業」の元研究員がスマートフォンのタッチパネルに使われる技術を中国企業に漏えいしたとして、大阪府警に同法違反容疑で書類送検された。

 ◆不正競争防止法=企業間の公正な競争を促す法律。営業活動や研究開発で生み出された「営業秘密」を不正に取得したり、開示したりする行為を禁じている。海外企業への情報流出などが相次いだことを受け、2016年1月施行の改正法で罰金上限が引き上げられ、警察による事件の摘発も増えている。

関連記事(外部サイト)