関西3府県、13日に緊急事態宣言の対象に追加へ…首相「速やかに判断したい」

緊急宣言 あす関西を追加へ

 政府は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の対象区域に、大阪、京都、兵庫の関西3府県を13日に追加する方針を固めた。期間は、すでに宣言を発令している東京など首都圏4都県と同じく2月7日までとする見通しだ。

 菅首相は12日午前の自民党役員会で「大阪をはじめとする厳しい状況にある府県についても、専門家の意見を踏まえて速やかに判断したい」と語った。

 宣言は新型インフルエンザ対策特別措置法に基づくもので、首相は13日に専門家でつくる基本的対処方針等諮問委員会に対し、関西3府県の追加が妥当かどうかを諮問する。その後、国会への事前報告を経て、政府対策本部で正式に発令する見通しだ。

 大阪府の吉村洋文知事ら関西3府県の知事は9日、「医療体制は今後さらなる逼迫(ひっぱく)が予想される」として発令を要請していた。首相は7日、首都圏4都県に発令した際は「(関西3府県は)現時点ではそうした状況にはないと思っている」と述べており、感染状況を1週間程度見守る考えだった。

 政府は、感染が拡大している愛知、岐阜両県についても、12日に追加発令の要請を受けた上で、対象区域への追加を検討する。

関連記事(外部サイト)