感染で自宅待機中、私用で福岡に出かけた地検事務官を厳重注意

 東京地検は12日、新型コロナウイルス感染による自宅待機期間中に、私用で福岡市に出かけた20歳代の男性事務官を厳重注意とした。事務官は同日付で辞職した。

 発表によると、事務官は昨年12月17日に感染が判明。保健所から27日まで東京都内の自宅で待機するよう求められたが、23日夜に高速バスで福岡市に向かった。24日に到着後も人と接触していたという。山元裕史・次席検事は「極めて不適切な行為。国民に深くおわびする」とコメントした。

関連記事(外部サイト)