羽生市課長、20万円収賄容疑で逮捕…側溝清掃など委託で便宜

羽生市課長、20万円収賄容疑で逮捕…側溝清掃など委託で便宜

押収した資料を車両に積み込む県警の捜査員ら(11日夜、羽生市役所で)

 埼玉県羽生市が発注した側溝清掃などの業務で便宜を図った見返りに現金20万円を受け取ったとして、埼玉県警は11日、同市下新郷、市建設課課長の岡村聡彦容疑者(53)を収賄容疑で逮捕した。また同市上川崎、土木工事業清水一容疑者(53)を贈賄容疑で逮捕した。県警は2人の認否を明らかにしていない。

 発表によると、岡村容疑者は昨年2月上旬頃と7月下旬頃、市が発注した雑草刈り払いと側溝清掃の業務で、清水容疑者が営む土木工事業者「クリーン・テック」(羽生市)に有利になるよう取り計らった謝礼として、清水容疑者から現金計20万円を受け取った疑い。

 いずれの業務も市側が選んだ複数の業者から選定する随意契約で、岡村容疑者は部下に同事業者からも見積もりを取るように指示。雑草刈り払い業務は昨年2月に48万4000円、側溝清掃業務は同6月に49万5000円で同事業者に委託契約された。

 県警幹部によると、岡村容疑者は2018年4月から同課課長を務め、2人は中学校の同級生という。

 県警は11日夜、市役所と両容疑者の自宅を捜索した。職員の逮捕を受け、羽生市の河田晃明市長は「管理職職員がこのような容疑で逮捕されたことは痛恨の極み。再発防止に努め、市民の信頼回復に全力で取り組む」とのコメントを出した。

関連記事(外部サイト)