「包丁で母と姉を刺した、恨んでいた」長男を逮捕…大晦日の女性2人刺殺

2人刺殺 姉殺害で長男逮捕

 千葉県流山市江戸川台東の民家で昨年12月31日夜、親子の女性2人が刺されて死亡した事件で、県警流山署は12日、この家の長男で、事件後に入院していた本多新容疑者(39)を姉に対する殺人容疑で逮捕した。

 発表によると、本多容疑者は12月31日午後8時35分頃、自宅で、姉の会社員本多文さん(42)(東京都台東区)の背中を刃物で刺して殺害した疑い。「間違いありません」と容疑を認めている。

 本多容疑者は同日午後11時5分頃、交番に出頭し、「包丁で母と姉を刺した。恨んでいた」などと話した。同署は、死亡した母の育子さん(72)に対する殺人容疑でも調べる。

関連記事(外部サイト)