自民・宮路拓馬議員の資金団体、アキタフーズ前代表の寄付金50万記載漏れ…訂正届け出

宮路議員側が寄付金記載漏れ

 総務政務官を務める自民党の宮路拓馬衆院議員(比例九州ブロック)の資金管理団体「拓翔会(たくしょうかい)」が、2017年12月に大手鶏卵会社「アキタフーズ」(広島)前代表から受け取った寄付金50万円を政治資金収支報告書に記載していなかったことがわかった。同団体は8日、総務省に訂正を届け出た。

 宮路議員の事務所によると、吉川貴盛・元農相(議員辞職)が前代表から現金500万円を受け取ったとされる問題を受け、過去の寄付金を記録したデータと収支報告書を照合した結果、記載漏れが判明した。

 宮路議員の事務所は12日、読売新聞の取材に対し「事務手続き上のミスで、(宮路議員が)業界のために特別な働きかけを依頼されたことも、働きかけたこともない」と説明した。

関連記事(外部サイト)