「日本のいちばん長い日」、作家の半藤一利さん死去…90歳

「日本のいちばん長い日」、作家の半藤一利さん死去…90歳

作家の半藤一利さん

 「日本のいちばん長い日」など、昭和史に関する多くの著作で知られる作家の半藤一利(はんどう・かずとし)さんが12日、老衰のため亡くなった。90歳だった。告別式は近親者で営む。

 東大文学部卒業後、1953年に文芸春秋に入社し、「週刊文春」や「文芸春秋」の編集長、専務などを歴任。編集者時代から、第2次世界大戦中にインパール作戦を主導した旧日本陸軍の牟田口廉也中将ら戦争体験者に対し、精力的に聞き取りを行った。

 終戦の決まった45年8月15日を巡る24時間を、証言を基に描いたノンフィクション「日本のいちばん長い日」(65年)は映画化もされ、代表作に。「ノモンハンの夏」(98年)では、広範な資料を用い、ノモンハン事件での陸軍の暴走をあぶり出し、山本七平賞を受賞した。「昭和史」で2006年、毎日出版文化賞特別賞。東京大空襲などの自身の戦争体験を原点に、戦争の惨禍を繰り返さないために歴史から学ぶことの大切さを、平易な言葉で書き続けた。

 妻の末利子さんは夏目漱石の孫にあたり、1992年の「漱石先生ぞな、もし」では、漱石の知られざるエピソードを紹介。同作は新田次郎文学賞に輝いた。2015年には菊池寛賞を受けた。

関連記事(外部サイト)