宮古島沖、貨物船から「沈没の恐れ」と救助要請…乗組員22人

宮古島沖で貨物船が救助要請

 13日午前3時50分頃、沖縄県宮古島の南東757キロ・メートル沖合で、パナマ籍の貨物船「YONG FENG」(乗組員22人、1万3880トン)から「浸水が発生し、沈没の恐れがある」と救助を要請する通報があった。けが人は確認されていないという。

 第11管区海上保安本部の発表によると、同貨物船には、中国人14人、バングラデシュ人8人が乗っている。那覇航空基地の航空機が現場で監視警戒を行うとともに、那覇海上保安部の巡視船も対応に当たっている。

関連記事(外部サイト)